2013年05月24日

昔の名残り

神戸電鉄「神鉄道場駅」のすぐ近くにある溝。橋がかかっています。
当初、これは川だろうと思っていましたが、きょう、お客さまのおうちの近くを自転車で走っている途中、ふと気がついて駅の前まで行ってみました。ここは戦前(古い言い方ですが)、おそらく神戸電鉄が走る以前の路線跡でした。橋のたもとに、以下のような説明板があります。

この橋下に線路敷が残っている。大正4年に三田〜有馬間の営業が開始され、1日7便、13km弱を28分かけてのんびり走っていたが、太平洋戦争中、戦争に無縁な閑線と判断されて、昭和18年営業停止となり、線路等の施設は、軍事貨物輸送をはかるために篠山線に利用された。以後、復活されないまま廃線となった。

神戸市北区役所・道場町連合自治会

この地域は、今ではJR路線よりものどかな駅がたくさんあります。昔をしのぶ題材がいろいろとあるようですが、残念なことに開発から取り残されたり、あるいは撤去、廃止という憂き目をみた箇所も多いのではないでしょうか。多分こうしたものはクルマで走り過ぎるよりも自転車でゆっくりと見て行く方が、より似つかわしいのかも知れません。

PT360213.JPG
駅前の橋。一見すると川が流れているように思える。


PT360211.JPG
説明のあるプレート。

PT360212.JPG
今なお、軌道あとがわかる。当時は国鉄(JR)と同じ狭軌だったのかも知れない。

PT360214.JPG
線路をはさんだ高台は神戸市北区の鹿の子台。高層マンションの住民で、この遺構を知っている人はどのくらいいるのだろう・・・。

posted by 武藤@win-help at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 三田紀行

2012年10月03日

もう10月ですね

1年は早いものです。
残暑が厳しく長いといわれていましたが、夜は寒いくらいになりました。やはり季節は移ろい行くのがわかります。
近所の住宅地で撮影した風景です。これでも神戸市北区になるんですよ。三田の武庫川をわたった川向の場所ですが・・・。


PT360093.JPG
posted by 武藤@win-help at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 三田紀行

2011年11月13日

つくしの里

天気も良いので、きょうの昼は近くの「つくしの里」へ行きました。
ここは「お餅」や野菜、米など地元産の作物の販売や加工・食事もできるところです。
例年、もう少したてば正月用の餅を予約している人も多いです。食事では名前にもなっているつくしの入ったうどんや蕎麦がメニューにあり、人気のようです。
冬季は営業時間が短縮されるので、注意が必要です。

三田・もち処 つくしの里
〒669-1415
兵庫県三田市上槻瀬375番地
TEL/FAX 079-569-1908
営業時間 9:00-17:00(1、2月は9:00-15:00)
定休日:木曜

tsukushi.jpg

11130001.JPG

11130004.JPG

どこまでも続くような三田の山々。この景観からわかるように、ここは京阪神というよりすでに丹波の一部ともいえます。写真中央奥に高くそびえるのが、千丈寺山です。
posted by 武藤@win-help at 13:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 三田紀行