2014年06月05日

薄型一体パソコン

昨今、量販店に並んでいるパソコンで「デスクトップ型」といえば、モニター、本体、あとワイヤレスマウスとキーボードつきのものが主流です。いつからこう呼ぶようになったのか、判然としませんが、以前はデスクトップタイプといえばそれぞれが分離したモデルを指していたのと比べると、随分コンパクトになったものだ、と思います。
ところでこの一体型デスクトップ、CPUはモバイル用の薄型を使って省スペースを実現しています。本来のデスクトップ用CPUでは、どんなに薄くてもヒートシンクを入れれば最低3cmくらいの厚みはありますから、こうしたモデルは作れないためです。とはいえ、本来はそこに厳然とCPUの能力差も存在しているのは確か。はっきり言えば一体型のCPUは本来のデスクトップ用に比べて「落ちる」面はあります。まったく同じですとか、遜色ありませんというのは店員の知識不足あるいは、売らんがための教育で言わされているセリフなのが実態、と言って良いでしょう。そのほかにも問題はあります。故障時には全体をメーカーや修理店に送らねばなりませんし、1台しかパソコンがなければ、戻ってくるまで何もせず待つしかない、ということになります。現在、時たま目にするのは、液晶モニターに不具合が出たような場合、分離型ならばモニターのみの修理が可能で、場合によってはモニターだけを買い替えてしまうことで修理に出さなくてすむケースもあります。が、一体型ではそんなことはできません。基本的にはメーカーに出すしかなく、液晶の修理業者などでは多くの場合、受け付けてくれません。なぜなら部品が特殊だったり、コネクタが合わなかったりというトラブル、かかる時間とそれに見合う料金をとるのが難しいからです。
なにゆえにこういうモデルがはやっているのか、という点については、おそらくユーザーサイドでもよく検討する必要があると思います。省スペースで無線LAN内蔵で、家の中ならどこへでも持ち歩けるなどがメリットのように言いますが、ノートパソコンではないので電源ケーブルは一緒に持ち歩かなくてはならない、いきおい、電源のとれる場所しか使えないなどといった面はどこのメーカーも言いません。「売る」のに都合の悪い現実は言うな、ということなのでしょうが、見た目のスマートさばかりに目が奪われると、買い手側もそれを甘受してしまう現実も、反省すべき点ではないかという気がします。昨今、XPのサポート終結に伴い、何人かのお客さまが買い替えをされるのにおつき合いさせていただきましたが、私のお客さまにはそうした点をお話しした方もおられますが、デスクトップはすべて従来からの分離型を選ばれました。私が強引にそちらへ向けたとは思いません。すべて、本来のデスクトップの能力を活かし切れるパソコン、そしてまた、何年か先に買い替えられる場合でも、液晶はそのままで本体のみの買い替えでOKなことも多々あるという点から、賢い選択をしていただけたのではないか、と自負している次第です。

少し辛口な内容を書いたかも知れませんが、今の情勢を冷静に見るなら、ともすればメーカー都合(つまりはひたすらコスト削減のみ)と売ればお別れ的な風潮に流されない選択をしていただきたいと思いますし、ユーザーみずからの「自己防衛」という観点からも、そういうところはどしどしご相談いただきたいものだ、と感じています。
posted by 武藤@win-help at 12:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑感

2013年01月17日

モバイルの将来性

かつてユビキタスという言葉が流行しました。直訳すれば「偏在」となり、いつでもどこでもブロードバンドの使える日がもうじきやってくる、という希望に満ちた言葉でもありました。
現在、パソコンのみならずタブレット、スマートフォンなど情報端末の種類は増えました。そして通信方式もいろいろと開発されて、従来のような、一般家庭における宅内有線での接続ではなく無線方式を駆使した屋内外どちらでもインターネットに接続できるのが当たり前の社会がいよいよ到来しつつある、というのは確かなようです。私自身ここしばらくノートパソコンを外へ持ち出す機会が多くあって、現在のところメインに使用しているのはWimaxです。E-mobileのLTEやG4通信なども負けず劣らず高速で、地域によりますが安定してつながる場所なら、もう有線契約はいらない、と言ってしまっても良い人もいるでしょう。このことは実は昨年の時点である程度書きましたが、モバイルには欠点もありますが場所に左右されない偏在性というものは圧倒的な強みかも知れません。ただ一方で、まだまだスマートフォンでは物足りない処理をノートパソコンなどでやりたいと思うケースは多く、肝心なのは安心安定して使えるための電源確保だと思うようになりました。パブリックスペースで気前良く電源を借りられる場所はまだまだ少なく、これが当面の大きな課題になるのかも知れません。携帯やスマートフォンでは一度フル充電すればかなり長時間使える機種も増えていますが、ノートパソコンはまだまだですし、大容量バッテリーを搭載すればどうしてもモノは大きく重くなってしまいます。いずれはタブレットが置き換わる時期が来るのかも知れませんが、やはり長らくパソコンを愛用してきた身としては、それが残念だと思う面はあります。
posted by 武藤@win-help at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2013年01月15日

Wi-Fiスポットの功罪

お客様と待ち合わせしたので、三田駅前阪急の6階にあるキッピーモールでノートパソコンを持ち込み、調べものやメール処理をしていました。三田市にはまだ公共無線スポットは少なく、ここはその中の貴重な場所のひとつです。
しかしちょっと気づいたことを書けば、私は商売柄、ノートパソコンを持ち歩く場合は常にパソコンバッグにWimaxのAPルータと、USBポートに差し込む無線子機と(何年か前に買った安い機種のため、無線チップ内蔵じゃないもので。トホホ)、あとはマウスと電源アダプタは携行しています。このキッピーモールは、実はWimaxの電波が十分届く場所になります。速度は大して出ませんが、インターネット検索には十分だし、軽い動画程度ならパソコンの能力がそこそこあれば再生もできます。キッピースポットは初回の使用開始に際して簡単な登録作業が必要で、しかもPR画面とMAC認証が時々表示されることになります。それはべつにデメリットとは思いませんが、いずれにせよ、ひとつの親機に貸し出しも含め何台もの端末がぶら下がれば、理論上のWi-Fiスループットと無関係にどんどん速度の低下をきたすのは当たり前のことです。
関連して言えそうなことなのですが、Wi-Fiは手段として有用なのでそのまま運用し、一方ではプロバイダいらずのWimax、その他の通信方式をもっと積極的に取り入れオープンにして、制限することなくいつでもアクセスできるようにしたらどうなのかな、と思いました。不正や障害などがあっては困るという観点からMACや個人情報に類する部分をいわばそのことを「言い訳」にしながら収集するというやり方は、決してきれいなこととは思いません。
所感でした。


PT360168.JPG
便利になりつつあるWi-Fiスポットだが、未だ公開については保守的な面や利用者を基本的に性悪説で見る傾向がないといえるだろうか。小出しに個人情報を取得するのは、正直いただけないなと思う。
posted by 武藤@win-help at 17:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑感