2012年08月28日

プリンタの寿命

これまで使用してきたプリンタはキャノンの複合機で、2007年の盆明けの頃に購入したものです。
まる5年使用してきましたが、起動させると液晶の画面に「プリンタエラー」という表示が出て、プリンタ本体のどのボタンを押しても反応がなくなり、かろうじて電源ボタンを押して切ることしかできなくなりました。この状態ですから、もちろんパソコンからはなんの操作もできません。
ネットで調べてみましたが、どうも最近のキャノンの機種(キャノンだけかどうかわかりませんが)は、こうした突然死にも近い寿命を迎える傾向にあるようです。厳密にはプリンタヘッドの部分を交換すれば直るケースもあるようですが、ユーザーが自分で手を入れられる場所ではありませんので、いずれにしても修理に出す形となります。ただ、最近ではプリンタもパソコンも短寿命化しているため、修理するとしても部品が残っているかどうかを確かめ、なおかつ保証は切れている場合がほとんどですから見積りをとる必要があります。部品の保有年数は今では5年までとなっていることが多いので、うちの場合はぎりぎりか、微妙な時期だと思います。

一般論になりますが、昨今のプリンタやスキャナなどの低価格化と、同時進行している短寿命化を考えると、5年使用というのはまずまず「使い切った」と判断して、新しく買い替える方が話は早いことになります。今回、修理云々という経路はパスして、どうせこれからも必要になるものなので、買い替えることにしました。新しく入れたのはやはりキャノンの複合機で、お値段もこれまで使っていたものとさして変わりありません。最近のタイプは無線LANに対応しているので、使い方によってはかなり便利です。無線の親機があれば、複数パソコンがある場合にはプリンタとパソコンを直接接続しなくても使えますし。うちの場合はその使用法もできますが、簡易型ではあるもののプリントサーバを入れているため、あえて無線LANを使わずUSB共有で使っています。いずれにせよ、今回のような突然の壊れ方をされても驚かないような、心の準備が必要な時代ではあります。
posted by 武藤@win-help at 01:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月13日

Wi-Fiとクラウド?

久しぶりの更新です。
昨日はおよそ半年ぶりに東灘のお客さまからご依頼をいただき、訪問させていただきました。ご自宅のパソコンを無線でというご希望。すでにフレッツ光で接続しておられますが、NTTから配布された無線ルータの電源アダプタが見当たらず、最近はこの手の商品もお手頃な価格になっていますから、近所のお店でひとつ買われることになり、ご一緒させていただきました。パソコンは無線内蔵だし、親機単体で購入され、おうちへ戻ってさっそく配線、設定。作業に10分ほどかかりましたが無事接続。注意点はルータの背面にあるスイッチでAPモードにすること、パソコンの無線機能をONにするのを忘れないことくらいですが、以前に比べればかなり簡略になったとはいえ、相変わらずマニュアルがわかりづらい印象はなんとかしたいものです。

ご説明している時にご希望として、ファイルを、選んだ相手に送信する、見てもらうのにメールで送っておられるというお話がありました。確かに便利なのですが、大きなファイルや数が多い場合は却って時間がかかったりして不便です。そこで今はやりのクラウドで…という流れはあるはずですが、いきなりそんなところまでいかずに、MSアカウントもお持ちだったのでまずはSkyDriveの応用をご提案。使い方も簡単で、高度なことはできないし容量も小さいのですが、ワードで作成した文書や小さな画像とかなら不自由なさそうです。何より無料だから、こうしたサービスを利用して便利だと思われたら、まずは使いこなしていただき、いずれ不便とかをお感じになればより本格的な、有料のサービスをご検討されると良いと思われます。
私たちがお客さまと身近にある理由は、案外そんなところかも知れません。いろいろとおやりになりたいことは出てくるでしょうが、あれもこれもとコストがかかりがちなパソコンライフでできるだけ手頃な、場合によっては無料ツールやサービスなどを賢く利用してみるためのお手伝いも、大事なことだと思っています。
今回もご用命いただいて、有難うございました。
posted by 武藤@win-help at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンサポート